【マイナンバー】引っ越ししたら番号は変わる?手続きの方法は?

マイナンバー制度が始まってから数年が経ちました。

通知カードがきたけど、そのままほったらかし・・・。そんな人も多いかと思います。

しかし引っ越しするとなったら何か手続きが必要なのではないかと気になるでしょう。また、引っ越したら番号は変わるのか・・、そんな疑問もあるでしょう。

今回は引越しの際のマイナンバーの手続き方法や、番号は変わるのかについてまとめました。

引っ越ししたら番号は変わる?

引っ越ししたら番号は変わるのかという疑問があるかもしれませんが、番号は変わりません。

マイナンバーは、国内に住民票がある人に対して発行されている番号。住所によって割り当てられたものではなくて、一人一人の個人に割り当てられたものだからです。

行政の効率化をもとめて作られた制度という一面もあるので、住所を変更してマイナンバーの番号も変わていては、意味がないのです。

 

マイナンバーカードは、申請して交付されるもの、通知カードは日本に住民票がある人全員に送付されるものです。マイナンバーカードはすべての人が持っているわけではありません。

引っ越しをした場合は、番号は変わりませんが、住所が変わるので届け出が必要です。

市役所

マイナンバーの住所変更の手続き方法は?

引越しの際には、運転免許証などと同様に、住所変更が必要になります。住んでいる住所と違う市区町村に引越しをする時には、転出届や転入届の手続きを行います。

同じく、マイナンバーも手続きをする必要があります。住民課窓口か、マイナンバー専用窓口で行なうことになります。

「マイナンバーカード」か、「マイナンバー通知カード」を持参して、転居した日から2週間以内に手続きを行なうようにして下さい。

 

というもの、「マインナンバーカードの記載に変更があった場合」、14日以内に届け出なくてはならないからです。

そうすれば、追記領域に新住所を記載してもらえます。

家族がいる場合は、同一世帯の全員の分をまとめて手続きすることができますよ。市区町村によっては、窓口へ来られない方の身分証明書(コピー可)が必要になることもあります。

 

引っ越しをする際は、マイナンバーカードがあれば、「転入届の特例」が適用されるので転出証明書は必要なくなります。ただ、引っ越し前の転出元で、マイナンバーによる転出の手続きをしておく必要があります。

通知カードしか持っていない場合は、通常の転出届、転入届、転居届の手続きと変わりません。

 

引越しでマイナンバーの申請に必要なもの

引越し時のマイナンバーの申請で必要なものをご紹介します。

現在所持しているマイナンバーカード、なければ通知カードと身分証明書(運転免許証やパスポートなど)です。

印鑑も持参して下さい。

 

通知カードもなくしてしまった、という場合もあると思います。その場合は、役場で再発行手続きをすればもらえますよ。

身分証明書(運転免許証やパスポートなど)を持参して、手数料500円を支払えば、発行してもらえます。

まとめ

今回は引っ越ししたらマイナンバーの番号は変わるのかと、手続きの方法について紹介しました。

個人に割り振られた番号なので引っ越ししても変わりません。

引越し時のマイナンバー手続きは、市区町村役場の住民課窓口もしくは、専用窓口で行なうことになります。

もし手続き等で不明な点があれば、役場に問い合わせてみるというのが一番確実です。(おわり)