引っ越し作業員さんへのお礼。心づけはクオカードを渡すという方法も。

「引っ越し作業員さんへのお礼はどうしよう」

そう迷いますよね。

必ずしも引っ越し作業員への礼は必要ありません。昔は多い習慣でしたが今では、少なくなっています。

ある引っ越し業者のホームページにも、「一切のお気遣いは無用です」とあります。

業者の方で、方針として心づけ・差し入れを断る所もあるのですね。だから基本的に、お礼は必要ありません。

 

しかし引っ越しは重労働。重い荷物を一生懸命運んでくれる作業員に、何かしらお礼したい気持ちもありますよね。

ですから、渡している人も、もちろんいます。

もし、作業員に差し入れや心づけを渡すとしたら何がいいでしょうか。「クオカード」を渡すという方法もありますので紹介します。

引っ越し作業員の心づけとしてクオカードという方法も

心づけを考えた時、まず現金で渡すという方法があります。

お金を人数分の寸志袋に入れて、一人一人に渡します。

相場は500円~1000円程度。それ以上高くする必要はないでしょう。

 

もし、現金を渡すという行為に抵抗があるなら、クオカードも便利です。

差し入れにはジュースやお茶の飲み物が一般的。でも作業員さんの好みは色々ありますよね。

お茶より炭酸系・コーヒーが飲みたいかもしれません。

 

クオカードでしたら、コンビニならセブンイレブン、ファミリマート、ローソンと大手3社はどこも使えます。

自分の好きな物を買ってもらえばいいので、作業員さんも嬉しいはず。

また飲みたいタイミングで使ってもらえます。冷たいのはぬるくなってしまったり、熱いのは冷めてしまったりするでしょう。

 

500円程度でしたら、コンビニで飲み物を買ってパンを買えばちょうどぐらいのお金。1000円なら弁当を食べられる価格です。

「何か買って食べてね」

とさりげなく言葉を添えて渡せば、喜ばれるでしょう。

クオカードでしたら、差し入れと違って荷物になりません。をポケットに入れておけばいいだけですからね。

 

また現金で500円玉を寸志袋に入れて渡すのは、ちょっと格好がつかないですよね。そんな時は、やはりクオカードが便利です。

クオカードを準備するなら?

クオカードは、お祝い・お礼・挨拶・景品として幅広く使われています。

引っ越しのシーンでしたら、ご近所への挨拶にも使われていますね。

クオカードはコンビニや本屋で購入できます。

 

ただ、大手3社で言えば、セブンイレブンは3000円からの取り扱いになります。

ローソンとファミリーマートは500円からの取り扱いになります。

  • セブンイレブン・・・3千円券・5千円券・1万円券
  • ローソン・・・5百円券・千円券・3千円券・5千円券・1万円券
  • ファミリーマート・・・5百円券・千円券・2千円券・3千円券・5千円券・1万円券

(※変更になる場合があります)

 

引っ越しのお礼なら、500円券か1000円券ぐらいが相場。

セブンイレブンは3000円券と高いので、購入するならローソンかファミリーマートですね。

コンビニ以外の方法としては、パソコンやFAXで注文もできます。注文して郵送される形です。

まとめ

引っ越し業者さんへのお礼について紹介しました。

必ずしも差し入れ・心づけは必要ありませんが、やはり気持ちとして渡したい部分はありますよね。

そんな時は、差し入れでもいいですが、クオカードを渡すのも便利です。

使い勝手がいいですので喜ばれるでしょう。(おわり)