知っておきたい引越しの訪問見積もり!自宅で何をする?

引っ越し時に業者にしてもらう、訪問見積もり。

最近はネットで簡単に概算を出してくれたり、ネットのみで完結する人も多いですが、引っ越しは結構なお金がかかります。

納得できるよう訪問見積もりをしてもらうのがおすすめ。

訪問見積もりは、なぜするのか、自宅で何をするのか解説します。

訪問見積もりはなぜ必要?

ネットで見積もり査定を出すときは、だいたいの荷物の量を入力します。確かにこれだけで完結する場合も多いのですが、実際に見てみないとおおよその荷物の量は予測が付かないもの。

ほとんどの人が入力をし忘れていて、もっと荷物が増えることが多いです

実際に量をみてもらった方が確かなのです。

 

あと、訪問見積もりにはいろんな調査もあります。

マンションやアパートの構造、エレベーターの有無なども引越しをするときには大切ですし、もちろんどんな家からどんな家に引っ越すなどかのアンケートもとることになります。

より明確にどんな引越しなのかを知ることで値下げもしやすくなるので、訪問見積もりをした方が良いでしょう。

ミニチュアの家と4つ葉のクローバー

訪問見積もりの流れは?自宅で何をする?

訪問見積もりをお願いするときの流れです。

まずは引越し業者に連絡をします。

最近は一括見積もりをお願いすると、各業者から連絡が来て訪問見積もりについての案内も来るかと思います。面倒な人は一括見積もりを経由しましょう。

 

日程が決まったら訪問見積もりまで待ってください。

一日に複数の会社の訪問見積もりをお願いしても良いですが、時間がギリギリだとブッキングしてしまう可能性もあるので、数時間離して予約を入れることをおすすめします。

さて、自宅に来て何をするのかというと、最初はアンケートからです。

事前に入力して貰った資料もあるかもしれませんが、よりわかりやすいアンケートを記入することがあります。何階建てのマンションで何階に住んでいてエレベーターはあるのか、などのアンケートです。

 

その間に部屋の中の荷物をチェックすることもありますし、アンケートが終えてから一緒に確認する場合もあります。

冷蔵庫、といってもさまざまな大きさがありますし、何リットルの冷蔵庫を使っているか自分ではわからないという人も多いでしょう。

実際に引越し屋さんが自宅に来て、目で確認をすることで、どのくらいの大きさなのか、どのくらいのトラックに収まる荷物なのかをチェックしてくれます。

 

ちなみに倉庫にある荷物や屋外にある自転車なども、引越しのときに必要な場合は忘れずに伝えるようにしましょう。

大体その場で予算の見積もりを出してくれます。

日程なども大きく関わっているので、ざっくりでも良いのでいつ頃引っ越すのかを事前に伝えておいてください。

その場で話した金額で問題がなければ、そこで契約も完了です。

 

実は、会社によって引越しの料金はそこまで大きな変化はありません。

企業によっては特別キャンペーン期間であったり、たまたま良いタイミングでトラックが空いていて安くなる場合もあります。

そのため一社だけではなく複数の会社にお願いをすると良いでしょう。

自宅に訪問見積もりに来て、何をするかに関しては、本当にざっくり室内を見て部屋の荷物量を確認して見積もりを出してもらうだけなのです。

 

訪問見積もりで契約をした場合は?

もしここの企業が良い、ということが決まったら、そのまま話を進めましょう。その場で契約をしたら格安料金で、と持ちかけてきてくれる企業も少なくはありません。

ただ、即決をしなくても後から電話でお願いをすることも出来ます。

 

決まったら、あとは引越し業者から段ボール箱など必要なものを貰ったり、当日までの手順を説明して貰って終了です。

ネットや電話だけではなく、自宅で事前に会って相談をすることで、信頼関係のある引越しをお願いすることが出来るはずです。(おわり)