引っ越しでやること!住所変更が必要な手続きを解説!

引っ越しは荷造りして荷物を運べば終わり…ではありません。

色んな手続きがありますよ。

面倒だからと後回しにするとさらに面倒なことになります。必要なことをリストアップして整理しておいた方が良いです。

今回は引っ越しが決まったらやることで、住所変更が必要な手続きについて紹介しますね。

引っ越しで住所変更が必要な手続きは?

市役所・区役所など役所関係でやること

引っ越しをする場合は、新居のある市町村区役所に住民票を移さなければなりません。

住民票を移すか迷うかもしれませんが、しないと、引っ越した先で運転免許証の更新ができない、住民票や所得証明書などを新しい住所のある自治体で発行できません。

また、選挙に投票できない、図書館などの公共サービスを利用できないなどのデメリットがありますよ。

 

しかも、住民票の移動は「住民基本台帳法」という法律で定められた国民の義務です。1年以上新しい住所に住むならば住民票は移動しておいてくださいね。

市役所・区役所など役所関係でまずやることは、住民票を移すための転出届です。現在住んでいる自治体へ転出届を提出して、転出証明書をもらいます。

 

引っ越しが終わったら、移転先の市役所・区役所に転出証明書を持っていき、転入届を提出します。引っ越しから14日以内に手続きをする必要がありますよ。

必要なものは、

  • 「転出証明書」
  • 「本人確認書類(運転免許証やパスポート)」
  • 「印鑑」

の3点です。

転出届を提出して住民票を移すことができるのは、原則として引っ越す当事者、世帯主、または引っ越す当事者と同一世帯の人だけです。

 

もし、やむを得ない事情があって14日以内に手続きできないなら、郵送で転出証明書を市役所・区役所へ提出することもできますよ。

例外として代理人が提出することもできますが、その場合には、「委任状」「代理人の本人確認書類」「代理人の印鑑」「転出証明書」が必要です。

委任状の書式は自治体によって違うので、事前に問い合わせておくといいですね。

バイク・自動車

バイク、自動車などを所有しているなら、住所変更は必要ですよ。

住所変更を忘れていると、リコールの案内、税金、保険に関する案内などが届かなくなります。

運輸支局や自動車検査登録事務所などで住所変更できます。

 

バイクは排気量によって住所変更を行う場所が違います。

排気量50~125ccの原動機付自転車(原付バイク)は、同じ市内や区内で引っ越した場合は、役所に転出届を出すだけで手続きは完了です。

他の市区、他県に引っ越した場合は、移転前の住所がある役所で廃車手続きを行ってナンバープレートを返却します。

引っ越し後に新居のある自治体の役所で手続きして標識交付証明書と新しいナンバープレートを受け取ってください。

 

排気量が126~250㏄のバイク(軽二輪)は、引っ越し前にする手続きは必要なく、移転後に運輸局で手続きします。

251cc以上の小型二輪バイクも同様で、引っ越し前の手続きはいらず、移転先の運輸支局または自動車検査登録事務所で手続きします。

原付バイク以外の手続きには新しい住民票が必要なので、住民票の移動を終えてから手続きするようにしましょう。
ミニチュアの家と4つ葉のクローバー

運転免許証

引っ越しで住所が変わったら、警察署や運転免許センター、あるいは運転免許試験場のいずれかで住所変更の手続きをします。

住民票の移動のように期限はありませんが、住所変更を怠ってしまうと、免許更新のお知らせが届きません。

ですから、引っ越し後、早めに住所変更をしましょう。新しい住所のある市町村の警察署で手続きしますが、東京都に限っては、都内のどの警察署でも手続きできるようになっています。

 

免許センターや免許試験場でも住所変更の手続きができるのですが、警察署と比べると時間がかかるというデメリットがあります。

住所変更の手続きに必要なものは、運転免許証、新住所が確認できるもの(住民票、健康保険証など)、印鑑(認印)です。県によっては申請用の写真が必要とされることもありますが、ほとんどの場合は必要ありません。

ちなみに、免許の更新時期と引っ越しが重なったら、更新手続きをするときに同時に住所変更もできます。その際も新しい住所が分かるものが必要なので、持参してくださいね。

その他住所変更が必要なもの

引っ越ししたら金融機関への住所変更手続きも行わなければいけません。

銀行、郵便局(郵便貯金)、クレジットカード会社、各種保険会社などで住所変更が必要です。

NHKは、世帯主を含む世帯全体が引っ越す場合は住所変更手続きを行ないます。

 

就職などで世帯から独立する場合は、住所変更ではなくNHKの新規契約が必要です。両親と同居するといった場合は、世帯同居の手続きが必要です。

他にも勤務先、学校などで、また健康保険組合も住所変更の手続きが求められます。スカパー、WOWOWなどのCS放送、JAF、携帯電話会社なども住所変更しましょう。

まとめ

引っ越しは、荷物を運ぶ他に、お世話になった人に挨拶も必要です。

やることがたくさんありますが、住所変更の手続きも忘れず行ってくださいね。(おわり)