【自分一人で引っ越し】軽トラレンタル時の相場、費用、注意点は?

自分一人で引っ越しをする時に役立つのが軽トラ。

軽トラを持っているという人がいれば、その人から借りたり、手伝ったりしてもらえばいいですが、いない場合は、レンタルという選択になりますよね。

軽トラって借りる機会がなかなかないです。引っ越しなどの作業でもなければ借りることもないでしょう。

だから相場って分かりにくいですよね。軽トラのレンタルの相場、費用について紹介します。

軽トラのレンタル費用相場は?

車をレンタルするときには、レンタル費用だけではなくさまざまな費用がかかります。

まず車両自体のレンタル代金にガソリン代金も必要です。オプション費用として免責補償金も必要となる場合が多いですが、できれば入っておくことをおすすめします。

引っ越し場所が近くない場合はカーナビもおすすめです。

 

最近はスマートフォンのアプリをカーナビ代わりにすることも多いので、アプリでも十分な場合はアプリを利用しましょう。オプションなしで最初から付属している場合もあります。

軽トラってレンタルされることがあまり多くないので割と安く借りることができるんです。相場としては、6時間で5400円、12時間で8600円、24時間で8600円ほど。

この価格なら、ガソリン代を加えても1万円以下でのレンタルが可能ですよね、引っ越し業者をお願いするよりもずっと安い金額です。

車のミニチュア

軽トラで荷物を運ぶときの注意点

軽トラで荷物を運ぶ時の注意点として、バックミラーが見えるように積みましょう。

トランクや後部座席に積みすぎるとバックミラーが見えなくて運転が大変になってしまいます。もちろん荷物が崩れないように注意をすることも大切です。

自分一人だけですと、荷物が崩れてしまっては大変です。

 

また、ただでさえ普段よりも重量がある車の運転です。曲がるときなどに荷物が崩れる可能性があるので注意してくださいね。

そして養生もしっかりと行うことをおすすめします。道路で段差等があると、破損しかねません。布団やクッション材を使ってしっかりと保護しましょう。

養生布団というのが販売されています。ただ、これを購入して、結局業者に頼んだ額を変わらなくなったということも考えられるので、よく検討した方がいいですね。

 

また、車に傷が付くと追加料金が発生してしまうので、適度に養生をしつつ運ぶようにしてください。

また、軽トラは雨天対策も必要です。途中から雨が降ってきて荷物が濡れてしまったでは、困りますよね。

ブルーシートで覆って下さい。これは、荷物が走行中飛び出さないというメリットもあるので、おすすめです。

軽トラをレンタルする場合、ロープとブルーシートがオプションとして選べるので、それを使ってもいいですね。

 

軽バンやハイエースバンもおすすめ

雨対策として、軽バンやハイエースバンもおすすめです。屋根がついているので、荷物を入れるだけです。

荷物が少ない場合は、軽バン、荷物が多い場合はハイエースバンを選べばいいでしょう。

ハイエースバンなら軽トラよりも沢山荷物を積むことができますよ。軽トラって意外と荷物を詰める量が少ないんですよね。

 

だから一人暮らしで荷物が少ない女性であれば問題ありませんが、少し荷物が大目の人は何往復もしなければいけないかもしれません。

費用は若干高くなり丸一日借りると1万5千円くらいの費用になるでしょう。また、大型家具は運びにくい可能性があるので注意をしてくださいね。

まとめ

今回は、自分一人で引っ越しする場合で軽トラレンタル時の相場、費用、注意点について紹介しました。

軽バンやハイエースバンも便利なので検討してみてくださいね。(おわり)