年末の引っ越しは安い?12月の引っ越し相場の特徴は?

引っ越しをする時期は進学や就職にあわせて3,4月が多いですが、12月はどうなのでしょうか。

年末は年越しの準備でバタバタと、忙しいイメージがあります。

年末の引っ越しは安いのでしょうか。相場の特徴とともに紹介します。

年末の引っ越しは安い?特徴は?

12月は年末に近づくにつれ、クリスマスや年越しの準備で忙しいものです。この時期に引っ越す人は少なめ。

ですから、引っ越し業者も比較的暇な時期となります。

しかし、12月は年末に近づくと年末年始と冬休みが重なる時期なので連休が取りやすいです。

 

引っ越しは、結構な大仕事なのでできるだけ余裕のあるときにやりたいものです。平日より、まとめて休みの連休の方が都合がいいですよね。

学校が休みのうちに、年末年始でまとまった休暇があるうちに、そして繁忙期ではなく少し料金が安い時期に引っ越してしまおう、ということで引っ越しを考える人もいます。

閑散期ではありますが、連休があるので、引っ越しをする人が若干増えるのです。

12月は上旬・中旬は相場は安く、連休が取りやすい年末に向けて高くなる特徴があります。

引っ越しを安く済ませたいなら

引っ越し代金は、少しでも安くしたいもの。

12月の引っ越しを安くしたい、という場合は上旬・中旬に引っ越すことをおすすめします。

12月が高い、といっても高いのは年末年始や冬休みに入ってからの時期。だから12月の上旬・中旬であれば、11月くらいの安さで引っ越しをすることができます。

 

特に良い日は、12月上・中旬の平日。

引っ越しって土日、特に土曜日に集中しています。あとは金曜日に引っ越す人も多いです。金曜日と月曜日は、有給をとって土日とからめて3連休にできるので、若干高い傾向にあります。

もし特に希望日がないのであれば、平日に引っ越しをすると安くすることができます。

 

あとは縁起の良い日を避けることもおすすめ。

縁起の良い日、というのは大安です。大安に引っ越したいという人は年々減ってきてはいるものの、引っ越し業者は大安の引っ越しは少し料金を高く設定するところが多いのです。

縁起に特にこだわりがないのであれば、仏滅を選んでみると、少し価格を安くすることができるかもしれません。

12月20日くらいまでの引っ越しであれば引っ越し業者も余裕があって、比較的安い料金で、希望の日程での引っ越しをしやすいはずです。

まとめ

12月の引っ越し相場の特徴は上旬・中旬が安めで、下旬が比較的高めです。

平日であれば、なお安くできるでしょう。(おわり)