引っ越しで台風と重なったら業者から連絡は来る?キャンセルしたら?

テレビのニュースをみていたら、台風が来ている。業者に頼んでいた引っ越しの日と台風が重なりそう、

という場合があります。

台風の影響は場合によっては甚大になるので、とても心配になりますよね。

そこで今回は台風の日に引っ越しが被った場合はどうなるのか、業者から連絡はくるのかについて紹介します。

台風と重なったら業者から連絡は来る?

台風で公共交通機関が麻痺した、ということはニュースでよく聞きますね。そんな時でも引っ越しはするのだろうかと、疑問に思っても不思議ではありません。

従業員ならびに依頼者の安全確保も必要です。

このような時、業者から連絡はくるのか、もしくはこちらから電話しなくてはならないのか迷ってしまいます。

 

アート引っ越しセンターの「よくある質問」に対応方法が載っています。

「台風で安全に作業ができないと判断したら、お客さんと相談して段取りや日にちの再打合わせをします。」

とあります。

連絡は来るのです。日にちや時間をずらしてくれないかという相談の電話です。

逆に連絡がこなかったら、引っ越しは予定通り行うことになります。

引っ越し業者も、トラックや人員を用意しているわけですから、よっぽどの悪天候でない限り、予定通り業務を行うでしょう。

 

もし心配なら、電話でどうなるのか聞いてみても良いでしょう。でも自分からのキャンセルはおすすめはできません。

次は、その理由についてお話します。

雨の道路

キャンセルしたらどうなる?

基本自分からキャンセルをすると、キャンセル料が発生します。

標準引っ越し運送約款という引っ越しに関するきまりに、「解約手数料又は延期手数料等」という項目があり、それには、

  • 前々日の解約又は延期は20パーセント以内
  • 前日の解約又は延期は30パーセント以内
  • 当日解約又は延期は50パーセント以内

というのがあります。こちらが、無理そうと判断して、「台風だから中止にして!」と言うとキャンセル料がかかってしまう場合があります。

 

業者のほうで、引っ越し作業はできると判断していて、トラックや人員を用意して待っていたら、キャンセル料が発生する可能性は高いでしょう。

できるだけこちらからキャンセルというアクションを起こすのは辞めた方が良いでしょう。「台風が来ていますがどうなるのでしょう?」と聞くぐらいにしておいた方がいいです。

また、台風など止むを得ない時はキャンセル料を割引してもらえる場合もあります。また台風という事情から、延期ということだったら、キャンセル料が発生しない場合もあります。

 

業者もプロですから、台風の日はよく経験しています。できるできないの判断は、業者におまかせすればいいですよ。

まとめ

今回は台風の日の引っ越しについて紹介しました。

ひどい台風で引っ越しができそうにないなら、日にちの再打合わせとして連絡は来ます。連絡がないのなら、予定通り引っ越し作業は行われるでしょう。

心配なら、引っ越しがあるかどうかだけ聞いてもいいですね。自分からキャンセルするのはキャンセル料が発生する場合があるので避けた方がよいでしょう。(おわり)