2月の引っ越しは高い?安い? 安い日を選ぶならどうする?

引っ越しの繁忙期といえば春です。

特に3月から4月にかけては進学や就職で、人の移動が激しくなります。そうなると、引っ越しが集中するので引っ越し費用が高くなることが多いです。

では、繁忙期になる前の2月はどうなのでしょう。

ギリギリ繁忙期前、ということで比較的安い金額で引っ越すことができるのでしょうか。それとも繁忙期前ですでに高い料金になってしまっているのでしょうか。

2月の引っ越しは高い?安い?

2月の引っ越しといっても上旬と下旬では全く違います。

2月上旬の場合はまだまだ1月の閑散期を引きずっていて安いところが多いですが、下旬になると繁忙期の準備時期に入るため、相場が少し高い場合が多いです。

それでもまだ本格的な繁忙期に比べると相場は安くなります。

 

そのため、2月トータルの相場を見ると、高くもなく低くもない、平均的な金額といって良いでしょう。

もし2月に引っ越しを考えるのであれば、上旬にすることをおすすめします。

本格的な繁忙期が始まるのは3月に入ってからですが、2月の時点で春休みに入ってしまっている学生やこれから社会人になるという人は、少し早めの2月から引っ越しを始める場合もあります。

 

だから2月中旬くらいからは、普段よりも引っ越しの日程の確保が難しくなるかもしれません。

また、不動産会社も3月の繁忙期に向けて少しずつ物件を集めている時期です。2月くらいから少しずつ家賃等引っ越し代金の値上げを始める時期なので、2月中旬以降はあまり引っ越しに向いていない時期なんです。

安い日を選ぶならどうする?

引っ越しをするならできるだけ安く済ませたいもの。

しかし、一方縁起を気にする人も多くいますよ。となると、縁起の良い日はお客さんが集中して料金も高い傾向にあります。

2月の中でも相場の安い日で引っ越したいという場合は、縁起の良い日以外を選びましょう。

 

縁起が良い日、というのは大安や友引などの日です。

大安は引っ越し業者も少し価格を高めに設定していることが多いです。高めの設定、といっても数千円程度ではありますが割引につながります。

春休みなどで余裕があれば、平日を指定しましょう。他にも引っ越し業者がたまたま空いている日、余裕のある日であれば、価格交渉をしやすいのでおすすめです。

 

時間帯は午後がおすすめ。

午前中に引っ越しをする人が多いので、午後のスケジュールが空いていることが多いのです。午後だったら、繁忙期や休日でも少し安い金額で契約をすることが出来るかもしれません。

繁忙期に差し掛かった2月でも、時間や日程次第では安く引っ越せる可能性がありますよ。

まとめ

繁忙期前の2月は前半と後半で金額が違ってきます。2月でしたら、できるだけ早い方がおすすめです。