賃貸契約の連帯保証人と保証人の違いは?必要な条件といない場合は?

賃貸契約の時に必要になるのが連帯保証人です。

保証人にはどんな役割があるのでしょう。そして、なぜ連帯保証人が必要なのでしょうか。

必要な条件や、いない場合だってありますよね。今回は、そんな疑問にお答えします。

連帯保証人とは?保証人との違いは?

連帯保証人とは、借主が家賃を滞納する、家の設備を損壊させるなどの問題を起こしたときに、借主が責任をとれない場合に代わって責任を負う人です。

「保証人」とは民法上では、借主が万が一家賃を払えなくなった時に、代わりに請求されたとしても、まず借主に督促したり、借主の財産差し押さえを要求することができます。

 

ところが「連帯保証人」には、拒否する権限がありません。借主に代わって必ず支払う義務があるのです。

ですから、賃貸契約を結ぶ際に必要とされるのは、たいていの場合は連帯保証人です。

必要な条件は?

支払い能力のない人が連帯保証人になっても、まったく意味がありません。大家さん・オーナーさんが必要としているのは、支払い能力があって信頼できる人です。

連帯保証人に求められるのは、

  • 借主の親族
  • 定期的な収入がある
  • 連絡が取れる

という3点。

信用度が大事なので、連帯保証人に最もふさわしいのは、両親、または親族です。また、借主とは別生計である方が審査が通りやすくなりますよ。

親や親族が遠方に住んでいる場合は、近くに住んでいる会社の上司などの方が良い場合もありますが、その場合はもう一人連帯保証人を要求されることもあります。

無職・パートの両親でもなれる?

親に連帯保証人を頼みたいけれど、父親はすでに定年退職して無職。母親はパート勤め。そんな時はどうすればよいのでしょうか。

まず、この場合の父親は、すでに退職して現在は無職なので②の定期的な収入があるという条件をクリアしていません。

ですが、年金収入がある、不動産を所有しているなどの場合は、連帯保証人として認められるでしょう。

親があまりにも高齢である場合、または認知症を患っているケースなどでは、連帯保証人として認められるのは難しいですね。

 

パート勤めをしている母親はすべての条件をクリアしていますが、②の収入という点で、滞納した家賃を払えると判断されるかどうかは微妙です。

このような場合には、働いている兄弟姉妹、もしくは親族に連帯保証人になってもらうか、もしくは収入のある友人と両親どちらかの2人に保証人になってもらうということもできるかもしれません。

3つの条件すべてをクリアしていないと必ずしも連帯保証人になれないわけではありません。連帯保証人の審査基準は物件によって違います

最終的には大家さんやオーナーの判断になりますよ。

 

連帯保証人がいない場合は?

親、兄弟姉妹、親戚などに頼れない等で連帯保証人がいない場合は、保証会社に加入するという方法もありますよ。

保証会社は、保証料を払って保証会社と契約すれば、親親族に代わって保証人になってくれるというサービスを提供しています。

支払額や更新にかかる費用などが必要ですが、保証会社に加入すれば連帯保証人をたてなくても賃貸契約が結べます。

 

ですが、どこの保証会社と契約してもよいわけではなく、物件が契約を結んでいる保証会社に加入しなければなりません。保証会社と契約をしているかどうかは、大家さん・オーナーの意向によります。

まずは、不動産会社と相談し、保証会社と契約を結んでいる物件を探してもらうところから始めましょう。

連帯保証人が見つからない場合、クレジットカードを利用して家賃を支払うという方法もあります。

 

不動産会社によっては、クレジットカード会社と契約を結び、家賃の支払いをカード払いに設定できるシステムを導入しています。

この場合は、連帯保証人を立てる必要はありません。また、月々の家賃や更新料を支払うことでポイントやマイルがたまるというメリットもあります。

初期費用や更新料など、大きな額の支払いを分割払いやリボ払いにできるというメリットもあります。

ただし、利用限度額を低めに設定するなど、自己管理は必要になりますね。

賃貸の連帯保証で気をつけることは?

賃貸契約の場合、いくらまで責任を負うのか限度額は決まっていません。

たとえば、借金の連帯保証人の場合は、借金の金額はたいてい分かっています。100万円の借金なら最悪の場合100万円を支払う、500万円の借金なら500万円を、といった具合です。

ところが、賃貸契約の保証人では、借主がどれほど家賃を滞納するか、あるいは物件を汚したり破損させたりしてクリーニングや修繕にいくらかかるか前もって分かりません。

 

ですから、友人に「賃貸契約の保証人になってほしい」と頼まれても、気軽に連帯保証人になるべきではありません。

連帯保証人になって本当に責任を負えるのか考えてみてください。

できるならば、両親や親族などに連帯保証人になってもらうよう勧め、それがだめならば保証会社と契約を結んでいる物件や、カード払いOKの物件を探すように勧める方が良いですよ。(おわり)