引っ越し先へ業者のトラックに一緒に乗っていくことはできる?

引っ越しには何かとお金がかかりますから、できるだけ節約をしたいものです。

一人暮らしなら単身パックなど安い料金で引っ越し業者に依頼することができるものの、結局全ての費用を自分で賄わなければなりません。

また、引っ越し先のアパートやマンションを契約する上での敷金礼金や、新たな家具・家電などで何かと出費がかさみます。

引っ越し先が遠方の場合は、そこに移動のための交通費も上乗せされます。

交通費を浮かせるためにはどうしたらいいのだろう。

そう考えた時、「トラックに一緒に乗っていくことはできるのか」と考える人も多いです。

果たして業者のトラックに一緒に乗せてもらうことはできるのでしょうか?

トラックに一緒に乗っていくことはできる?

どうせ目的地は同じなら、トラックに乗っていくことはできるのかと思いますよね。

そんな考えを持つ人は多いですが、この提案が受け入れられることはそれほど多くありません。

多くの業者では、社の方針として依頼主がトラックに一緒に乗ることを拒否しているのです。

 

引っ越し業者はあくまで荷物の「運送」を目的とした業者なので、トラックに一緒に人間を乗せて移動することは想定していません。

引っ越し業者は一般貨物自動車運送事業許可を受けて事業を開始することになります。これは、お客さんの荷物を運送する事業のことです。

そもそも業者が取得している資格は荷物の運輸に関するものであるので、人を乗せるわけにはいかないのです。

 

人を乗せるのであれば、タクシーのように、旅客自動車運送業者として、許可を受けなければなりません。

加えてトラック(自動車)に依頼主を乗せた状態で事故などが起こった時の保障などを考えると、業者が自衛のためにも「依頼主は乗せない」と言う方針をとるのは仕方がないことなのかも知れませんね。

荷物には、保険がかかっていますが、「人」にはかかってないからです。

万が一事故のことを考え、業者の方も人を乗せたくないはずです。

ミニチュアの車と家

例外はあるの?

とは言え、例外がないわけではありません。

例えば引っ越し先が現住所から近く、それでいて道が入り組んでおり、近隣の地理を把握している依頼主にドライバーが道案内を頼むケースです。

ただ、これはあくまでドライバーが個人の判断で頼むことであって、引っ越し業者が公式で行った依頼ではないという点は注意が必要です。

また、当日に「乗せてくれませんか?」とお願いをすると、ドライバーによっては乗せてくれることもあります。

 

しかしこれもまたドライバー個人の判断によるものであり、「社の方針で乗せることができません」と断られることの方が多いでしょう。

このように、目的地までトラックに乗せてもらえるかは、ドライバーのタイプによると考えた方が良いです。

一緒に乗せてもらえる可能性はゼロではないけれど、限りなく低いので、事前に交通機関のチケットを購入しなければならないような遠い土地に引っ越す場合はあきらめた方が良いでしょう。

まとめ

引っ越し業者はあくまで、荷物の運送を目的としているので、人は基本的に乗っていくことはできません。

業者にとっては何かあったら責任問題になるからです。基本的にできないと思っていたほうが良いですよ。(おわり)