アパートの鍵交換は必要なの?していない物件もある?

アパートを借りる時には、家賃や敷金など、様々な費用がかかります。

そのの一つとして、「鍵交換費用」というのを知っていますか?

これは必要なものなのか、また、鍵交換をしていない物件もあるのかについて紹介します。

アパートの鍵交換は必要?

アパートの鍵交換とは、入居時に玄関の鍵を新しく作り変えることを意味します。

というのも、前の入居者がスペアキーを作って持っていたら、そのままだったら普通に部屋に入ることができてしまいますよね。

防犯上の役割として鍵交換があります。

 

換えられるものなら換えた方がよいとは思うものですが、迷いどころは交換費用です。

これは、だいたい1万5000円から2万円くらいが相場です。

家賃やら敷金、礼金、これからかかる生活費、光熱費を考えると少しでも費用を抑えたいところに、この価格ですから、払いたくないと思う人は多いのではないでしょうか。

 

ですから、価格を考えると本当に必要?と思ってしまいます。この金額を出すのなら、鍵交換はしたくないと思う人もいるでしょう。

普通の考え方だと、なぜ前の人の鍵を自分が交換しなければならないの、という疑問もありますよね。本来は確かに大家さんや管理会社がすべきことです。

すべきことだけど、義務ではないのです。そのため、入居時が支払う形になっています。

大家さんや管理会社の方で、鍵交換費用を入居者が支払う取り決めをしていたら、それに従った方が良いでしょう。

 

もし鍵交換について心配なら、事前に鍵交換をしているのかどうか、費用はどのくらいかかるのか、などを聞いておくと安心です。

また、家を探すときに、敷金礼金家賃などが記載されている情報を見るかと思います。

そこのオプション欄には入居時に掛かる費用として、火災保険代などが記載されていることも多いですが、その項目にも、鍵交換代が記載されている場合があります。

 

安心代として払うという考え方もできます。誰かが同じ鍵を持っているのは、確かに気分は悪いものですよね。

鍵交換をしていない物件もある?

入居時退去時の鍵交換は、実は必須ではありません。

だから大家さんや管理会社の方針次第では鍵の交換をしていない物件の可能性があります。

都会と違って田舎の方に行くと、実は鍵交換をしていないという所が結構ありますよ。

 

実は鍵の交換は必ず行っているという訳ではないんです。

ですから鍵を交換しないまま、新居の受け渡しということも多いです。

やはり鍵交換は必要、という場合は、事前に相談をしておきましょう。

最近は、事前に申告をすることで入居者負担で鍵交換をしてくれる物件も多いです。不安な場合はず鍵交換を申し出てください。

まとめ

鍵交換について紹介しました。

結構なお金がかかりますが、防犯上のことなので、安心代だと思ってくださいね。

不安な場合は、前もって聞いておくと良いですよ。(おわり)