あいみつとは?必要性はある?失礼にあたらないの?

会社に勤めたら「あいみつとっておいて」

という言葉を言われるかもしれません。

意味を聞くのも、ちょっと気が引けますよね。

ここでは、「あいみつ」について紹介します。

あいみつとは?

あいみつは「相見積もり」のことです。

見積もりを一社だけでとるのではなく、数社、またはそれ以上からとることを「相見積もり」といいます。

そもそもですが、「見積もり」は、金額や量、期間などを前もって算出することです。

 

見積もりをせず、いきなり契約をして、予想外の金額を相手から出されたら困りますよね。前もって聞いておくことが「見積もり」です。

 

相見積もりを業界用語で、「あいみつもり」から「あいみつ」と略したのです。

会社は忙しいですし、毎日使う言葉は、略した方が便利ですよね。

必要性はあるの?

あいみつをとると、料金を競合させることができるので、安くできることがあります。

交渉の時、「こっちの会社は、この値段なのですが・・」と話しをすれば、相手側も考えますよね。

 

また、逆に見積もりをしないと、相場が分からない場合があります。相手側が、無理な値段をふっかけてきている可能性がないこともありません。

相場を知ること。これが、あいみつのメリットですね。

 

また、料金だけでなく、内容や人も見ることができます。

例えば、引っ越しのあいみつを取る時、何人かきたら、感じのよい担当者の方が良いでしょう。また、内容も見比べてみることができます。

作業員は2人だったり、3人だったりするわけです。自分に合った所を選べるのが、あいみつのメリットですね。

失礼にあたらないの?

あいみつを取る時、慣れていないと失礼にあたらないのか考えてしまいますよね。

最初の人は、良い印象だし、頑張っているし、あいみつを取って断るのも気が引けてしまいます。

値段交渉もするわけですし、失礼にあたらないのか心配になることもあるかと思います。

 

しかし、大きなお金が動く場合は、やはり必要です。

相場を知ることも必要ですし、相手側も、あいみつされることはよくある事です。

 

確かに、される方は気分がよくないでしょうか、こちらも必要なことです。あまり深く考えない方がよいかもしれません。

 

あいみつを気にするなら、最初に他のところでも見積もりをとる旨を話すと良いです。ただ、名前は出さない方がいいですね。

万が一、つながりがある場合もあるからです。

まとめ

あいみつとは、「相見積もり」のことです。

料金を安くしたい場合や、相場を知りたい場合に有効ですよ。

大きなお金が動く場合はやはり必要です。(おわり)