赤帽と引っ越し業者との違いは?赤帽のメリット・デメリットは?

赤帽っていう業者名を聞いたことがありますか?

引っ越し業者について調べたことがある人なら聞いたことがあるかもしれません。

よく名前を聞く、ということは有名な企業なのかな?評判が良いのかな?と気になりますよね。

赤帽とはどんな業者なのでしょうか、その秘密に迫ります。

赤帽とは?引っ越し業者との違いは?

赤帽とは、引っ越し業者なのかどうか、どんな企業なのかどうか気になりますよね。

実は、赤帽は一般的な引っ越し業者とは少し違いがあります。赤帽は引っ越し業者でも運送会社でもありません。

全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会、通称赤帽と呼ばれている企業で、軽自動車運送事業主の組合員があつまった組織のことをいいます。

 

だから、個人事業主ばかりが所属している少し特殊な企業なんです。

貨物軽自動車運送業の個人の組合が赤帽ドライバー。

ちなみに農家は農業をしている個人事業主であり、漁師は漁業をしている個人事業主の集まりでもあるんです。

 

会社員ではなく、あくまで全員が同じ立ち位置の個人事業主のドライバーなんです。

赤帽の組合員の仕事は軽トラで荷物を運ぶこと。

軽トラで荷物を運ぶことが仕事なので、仕事は「引っ越し」限定ではないのです。大きな荷物の運搬を請け負ったり、機動力の高さを活かして、緊急輸送を請け負ったりしています。

 

宅配業者では運べないサイズのものも運ぶことができる、そして引っ越し業者ではないので料金が安いという魅力があります。

引っ越し業者とはさまざまな違いがあり、軽トラで運ぶ、ということで本格的な引っ越しを頼むことは難しいですが、荷物の量が少ない場合には最適な企業といって良いでしょう。

赤帽のメリットデメリット

赤帽のメリットとしては、一般的な引っ越し業者と比べると価格が安いことでです。

これはあくまで個人事業主だという点と、引っ越し専門業者ではないという点、そして軽トラ一台にドライバー一台のみという構成で引っ越しを行うからです。

引っ越し業者の場合は、作業員2名体制、大型トラックが主流です。

 

赤帽のデメリットとしては、人員が少なく、荷物も多くは運べないという点です。

ドライバー一人だけなので依頼主が手伝う場面も出てくるかもしれません。だからこその低価格での引っ越しができるんです。

赤帽は、宅配便では運べないけど引っ越し業者を依頼するほどではない荷物の引っ越しに最適。

 

男性の一人暮らしなど、荷物の量が少なくて手伝える場合は格安で引っ越しをすることが出来ます。

ただし女性の一人暮らしの場合、荷物の運搬が不安な場合などはあまりおすすめをできません。価格が安いので、引っ越しの種類によってはとても重宝する宅配業者だと思います。

ダンボールのみ、簡単な家具家電のみの引っ越しをするときには利用をしてみてくださいね。(おわり)